.

2013/06/26

シェフィールド、ジョセフ ロジャースの喫煙ナイフ



現在使っている安価だが機能抜群のコンパニオン。
それまで代用していた単4乾電池と料理エスカルゴ用の銀フォーク。


コンパニオンと呼ばれるパイプ喫煙に必要な道具。
通常はタンパー、ピック、ナイフスプーンで構成されている。
特に火種をコントロールするタンパーは必需品。
機能的に優れた安価なモノから、高価で工芸品的なモノまで
無数に売られているが、私の好きなモノが無い。
最初の頃、私は大きさが程良い単4乾電池で代用した程だから、
機能すれば何でも良い道具でもある。

しかし、こんな道具に拘るのもパイプ喫煙の楽しさ。
愛着が持てるモノが欲しいと探していたが、
英国の名門ジョセフ・ロジャース製の喫煙ナイフを見付けた。
有名なシェーフィールド製である。
間も無くイギリスから富士山麓に届けられる。


1:Rodgers Smokers Knife   £ 9.12
  軽く薄くモダンなデザイン。赤・紺・黒・銀が選べる。
  わずか約 £9(1300円程度)+送料 £4(600円)。
 
2:Joseph Rodgers Gentleman's Pipe Smokers Knife £ 39.95
  いかにも英国風の雰囲気を持つ重厚なナイフ。
  ハンドル素材:バッファローや牡鹿の角・ローズウッド、
  マルチウッド・ブラックウッドなどが選べる。
  約 £40(6000円程度)+送料 £4(600円)
  
この安価なナイフ一本だけを英国から送って貰うのは、
ショップに失礼だから同じモノを色違いで2個注文した。
重厚なナイフの方は一本で許して貰ったが、
英国の2カ所のショップの対応は、実に丁重だった。


創業1684年!英国の老舗ジョセフ・ロジャースは、
ドイツのゾーリンゲン、日本の関、英国のシェーフィールド、
世界三大刃物生産地シェーフィールドの代表ブランド。
1821年に英国王室御用達の認可を受けて、
国王陛下の刃物業者とナイフに刻印される。
商標は「輝く星」と、誇り高い「マルチーズ・クロス」。

ジョセフ・ロジャース製のポケット・ナイフは、
品の良い独特の形状で世界中で愛されている。
このナイフに刻印されているトレードマークの
星とマルチーズ・クロスが持つ興味深い由来を知ると
この道具への愛着が一段と増す。
日本での呼び名の通り、
私の大事なコンパニオンになるだろう。


写真は映画 “Kingdom of Heaven"より

ロジャースの商標に入る星とマルチーズ・クロス


マルチーズ・クロスについて:
マルチーズ・クロスは防護のシンボルであり名誉のマーク。
12世紀頃、十字軍が聖地奪還を目指して戦った時、
サラセン軍が投げる大量の液体による炎の攻撃にさらされた。
衣服は濡らされた後、激しく燃えるタイマツが投げられて、
多くの騎士達が火炎に苦しみ命を落とした。
苛酷な炎の攻撃の中で仲間を救う為に自らの危険を顧みず
消火活動に当たった騎士達の一団がいた。
この勇敢な騎士団を生き残った騎士達は後々まで語り伝えた。

この英雄的な騎士団は地中海のマルタ島に渡り住んだ。
以来、名誉ある十字マークはマルチーズ・クロスと呼ばれ、
防護のシンボルとして、現代の消防士にも受継がれている。
マルチーズ・クロスのバッジを授かった消防士は、
自らの命に代えてあなたを守る、と言う名誉を表している。

この悲しい聖戦の歴史は中世から現代まで続いている。
ただ、悲惨な戦いの中でも両軍に存在する人間の崇高な行動。
それが私には救いである。

*犬種名マルチーズは、マルタ島で生まれたから。 

2013/06/22

ピーターソン サマータイム 2013 が目に滲みる。




大好きなPIPE66は、もう日本で買えなくなるかも知れない。
2013年スペシャルリザーブは4缶手に入れた。
サマータイム2013は、まだ朝夕ストーブを燃やす寒さだから
夏になるまで開封せずに待とう。

コルベットではありません私の描いた昔の絵でイメージして下さい
click enlarge


アメリカの雑誌に紹介されていた
海沿いの路を走る50年代コルベットC1が描かれた
「ピーターソン・サマータイム2013」。
南国ムード一杯に溢れる可愛い缶に魅せられて、
日本で発売されたらとお願いしていた。
そして今朝、タバコ店イクタカさんから届いた。

カリビアン・ラムと熟したマンゴの香りが
エキゾチックに漂うと書かれている。

ラムと言えば 
ヘミングウエイが愛したハバナのバー
「ラ・フロディータ」のダイキリ
「ラ・ボデギータ」のモヒート

でも 私にとっては
40年前 茅ヶ崎や鎌倉の海辺に流れていた
なま暖かい 夜風と波の音

それは今も あの夏のように
あま酸っぱく頬を過ぎるのだろうか・・・

まだ 東京に出て来たばかりの頃
不安な日々を過ごしていた
幌を降ろして 湘南海岸を走り回るだけが
ささやかな私の慰めだった
いつも 帰り路の第3京浜では
思いっきりアクセル ペダルを踏み込んだが
水銀灯が 滲んで見えた

頬を過ぎる 夏の夜風は
今も あの頃の不安を想い出させる
缶コーヒで我慢しながら
ただ 走り続けるしかなかった 
あの夏を 


ピーターソン・サマータイム2013
このタバコの煙は
目に滲みるかも知れない・・・






2013/06/21

パイプ喫煙は、芳香をたのしむ為だけでは無い。



"Charles Augustus Milverton meets his doom" Pinterest ((link)より転載。
「犯人は二人」の挿し絵:依頼者エヴァ・ブラックウェル嬢。


Peterson Sherlock Holmes The Milverton

友人Hさんが訪れた時、シャコムのパイプを使っていた。
フランスの「シャコム・アニバーサリー1990」。
オイルフィニッシュでトップに銀リングを持つスクエア・シャンク。
顔色に合わせた地肌色の小振りなパイプは、
パイプの存在感を薄め、若く長身の彼の姿をより引立てていた。
それは、彼が持つ美意識からの巧みな演出なのだろう。
私もスクエア・シャンクのパイプが欲しくなった。

Chacom Anniversaire 1990

ロンドンで恐喝を代理業とする悪名の高い
「チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン」の名から、
"The Master Blackmailer(恐喝王) : C.A. MILVERTON"
「ミルバートン」と名付けられたピーターソンの
シャーロック・ホームズ・シリーズのパイプ。
なんと英国的ジョークに満ちたネーミングなのだろう。

獰猛なスクエア・シャンクとベントしたマウスピース。
まさに、悪者ミルヴァートンを連想させる。
恐れながらも、いつしか魅了されてしまう悪の華の様に、
私は虜になってしまった。
しかし、サイズはXLボールで重量70gもある


ミルヴァートンは、アーサー・コナン・ドイルの
シャーロック・ホームズ・シリーズの短編「犯人は二人」
"The Adventure of Charles Augustus Milverton"
に登場する人物の名前である。
1905年の第3短編集「シャーロック・ホームズの帰還」
”The Return of Sherlock Holmes"に収録されている。

若い方々にはイメージが沸かないと思うが、
我々の世代では誰もが知る悪者の象徴であった。

パイプの名門、アイルランドのピーターソンは
シャーロック・ホームズ・シリーズで知られている。
それぞれのパイプは、その雰囲気から
ワトソン、プロフェッサー、ベーカーストリートなど、
物語りに因んだ名でシリーズを構成する。
その中に「ミルヴァートン」は潜んでいた。

パイプ喫煙と言う嗜好が持つ意味、
それは、単にタバコの芳香を満喫する為だけでは無い。
パイプを収集したり鑑賞する為でも無い。
巷に溢れる低俗なTVや世事から逃避する為である。



2013/06/19

このパイプを一言で言えば "THE QUIET MAN"





毎年限定で発売されるピーターソンのイヤーパイプ。
その年を過ぎると意味を失うのだろうと思っていた。
しかし海外のサイトを隈無く探していて驚いた。
2004/6/7/9/10/11/12年度の新品
ごく僅かだが残っている様だ。

昨日、届いたピーターソン・イヤーパイプ。
世界で1000本限定のスムーズはエディションNo.が入る。
だから、どうしても私は欲しかった。
パイプの重量を感じさせないマウスピースの設計。
厚みのあるボールから生まれる喫煙の旨さ。
喫煙後すぐにマウスピースを外しても平気な頑丈さ
無雑作な喫煙をも許容する大らかさ
それらはサンドブラストで経験済みである。

なだらかに膨らむシャンクとマウスピースの接合部の、
銀のリングによる凹凸ある造形が好きだ。
ぴったり合わせるのでは無く音楽のスタッカートの様に
ラインにリズムを与えた華やかさが好きだ。
銀リングのピーターソン・ロゴの上下に刻まれた2本線は
センシティブな装飾音符の様に私の心を振るわせる。

ボール底面を傾斜を付けてカットした端正な造形
計算され尽くした全長と直径との比率。
全てのラインがボリュームある曲面を流れる様に
リップ頂点を目指して集約して行く
1865年以来、パイプ一筋のピーターソン美学が、
本物の在るべき姿を私に教えてくれる。


このパイプを一言で言うなら「ザ・クワイエットマン」。
14才の頃に観たアイルランドを舞台にした映画。
「静かなる男」"The Quiet Man" (1952 )

恋する女性に巡り会ったら教会の前のシーンの様に、
私も帽子を脱いで挨拶しようと夢見ていた・・・

監督:ジョンフォード、音楽:ビクター ヤング、
主演:モーリン オハラ、ジョン ウエイン


2013/06/18

パイプに合わせた服装を楽しむ。その2




2010年ピーターソン・イヤーパイプ。
今朝、1000本限定の新品スムーズ仕上げが届いた。
エディション・ナンバー1000分の700番。
なんと縁起の良い数字、ラッキーセブンだ!




ブライヤーの明る過ぎる茶色が気に入らないが、
その派手さに合わせた服装を楽しもう。
インド更紗の黄色いジャケットが良いかも知れない。
赤や青の糸が織り込まれた麻100%のスーツは、
黒いサンドブラストの方がシックだが
蝶タイで気取ればブライヤーもマッチする。




2013/06/15

パイプに合わせた服装を楽しむ。その1



リネンのジャケットには白いズボンと白い靴に合わせてサンドブラスト。

モヘア トロフィーのダブル スーツには茶色の靴に合わせてブリエール。


パイプは喫煙後一週間は休ませて乾燥するのが良いと、
本に書かれ、スモーカーの常識となっている。
ローテーションにより、より旨い喫煙が出来るからだ。
だからヘビースモーカーの私は本数が必要となる。
パイプの種類は数千とあるが、私好みのモノは数種しかない。
常に好みのパイプを口にして美味しい喫煙を望むと、
同じパイプを何本も用意するしか方法が無い。

更に、味わいにコダワる厳密なスモーカーは、
それぞれのタバコの香りがパイプに移り混ざるからと
タバコ葉に合わせた専用パイプを数多く持っている。
しかし、そんな鋭い嗅覚を私は持っていない。
むしろ、それぞれのパイプが持つ雰囲気と
服装とのコーディネートを楽しむ。
ベントしたパイプはカジュアルなジャケットに、
ビリヤード型はドレッシーなジャケットに。

お気に入りのクレーム・ド・カシスが強く香る
タバコを喫煙した後のパイプに、
あえて違うフレーバーのタバコを詰めて喫煙すると、
クレーム・ド・カシスが微かに香る。
それは、去っていた昔の恋人の残り香のようで・・・
それもまた粋、私は好きだ。



2013/06/13

ハリーズ バーで、タンブラーのベリーニを飲む気分



「感覚のシンフォニー」をテーマにしたスペシャル リザーブ。
アイリッシュハープの典型的なスコアが描かれている。



いつも購入するタバコ店イクタカ(リンク)さんは、
ネットで知った大阪府枚方市にある大きなタバコ店である。
先日、ご主人と電話で話す機会があったが、
今どき珍しく節度を重んじる良心的なショップだと感じた。
HPに出ているパイプを購入したいと問い合わせたら
私の趣味や経験、使用目的を推測した上で、
あのパイプは薦められないと丁寧にアドバイスしてくれた。
購入者の立場も考えず売上げ向上を優先するのが
当然とされる拝金主義に毒された社会で、
ご主人の節度を重んじる人柄とプライドが感じられ、
私は嬉しくなってしまった。

ご主人自ら書いているテイスティング・リポートでは、
"Peterson Special Reserve 2013" に付いて、
パッションフルーツとジューシーなピーチの香り付けの
完成度の高さは秀逸な缶にも通じる交響曲を想わせる。
極上の加香系パイプたばこならではと言えるだろう。
と絶賛するだけではなく、
湿度のかなり高いたばこで、小まめなタンパーワークが必要。
軽く詰め、燃焼温度が上がらないように喫煙するのが、
このたばこの吸い方。パイプはミディアムサイズがおすすめ。
と、むしろマイナスと思える事も書いている。

コールハス社のレイティング表。アロマ:パッションフルーツ・ピーチ

確かに、詰め方や火の管理は神経質かも知れない。
でも、そんな事でアイリッシュ・ハープの音色は疎外されない。
いま最も私のお気に入りとなっている。
ベネチアのHarry's Bar"あの有名なタンブラーで出される
カクテル・ベリーニを飲んでいる時の様な、
日本とは異質の国でしか嗅ぐ事が出来ない香りが、
部屋の中に漂って私を酔わせるからだ。


最初は缶が欲しくて購入したのだが、
もう、今の私はベネチアを旅する機会など無くなった。
せめてタバコでベネチアを、と2缶を追加購入した。
しかし、日本には少しか入荷しないリミテッド・エディション。
イクタカさんのHPには残り14缶となっている。
若い頃なら下品に全部を買占めただろうが、
そんな贅沢は出来なくなってしまった。
せめて、あと4缶は注文したいと思っている。



2013/06/06

赤いバラの蕾みに込められた想い。     Robert Mc Cornell "Red Roses"



写真は私が育てていたバラ"Lili Marleen"


バラ好きの私が一度は喫煙してみたかったタバコ、
バラの蕾が詰められた"RED ROSES"。
缶のデザインが気に入らないので今日まで我慢していたが、
やっぱり赤いバラの誘惑には逆らえず注文してしまった。
そして、今日それが配達された。

1848年創業のロンドンの老舗 Robert Mc Cornell
その由緒ある名前は缶に残されているが、 
今ではドイツの Kohlhase 社で造られている。

アメリカのタバコ・レビューには、
バラの蕾みに埋込まれた漆黒のキャベンディッシュと
ブライト・バージニアの完璧なコンポジション。
バラの素晴らしい芳香にキャラメルの香りが加味されて
スモーカーを愛撫する・・・と書かれている。
アベレージ・レイティングではマイルド。
フレーバリングはストロング。
ルームノートは最高に心地良いが、
毎日の喫煙には不向きとのコメントもある。

コールハス社のオフィシャルサイトには、
デンマークのクラシック・フレーバーと書かれている。
Aromatisierung 2/ Starke 1 / Raumnote 2

図表によるとマイルド過ぎる感じがするが、
バラの蕾みに包まれた
デンマークのクラシック・フレーバーが
心地良く部屋中に漂うのだろうと期待して、
缶を開けて匂いを嗅いでみたが想像とは違った。
甘酸っぱい果実の香りとキャラメルの匂い。
バラの芳しい香りなど感じ無かった。
バラの蕾を探したが何処にあるのか解らなかった。
私は期待し過ぎたのかも知れない。
がっかりして私はパイプに火を点けた。
悪くは無い、これはまさしく私の好みだ。
缶を嗅いだ時の印象とはまるで違う。
芳醇な果実の甘さに隠された妖艶なバラの香り
気品に満ちて辺りに漂った・・・


このロバート・マッコネルの”Red roses”は、
私に赤いリリーマルレーンを想い出させる。
リリーマルレーンと名付けられた可愛いバラを
私は植木屋で見付け庭に植えていた。
毎年、リリーマルレーンは真っ赤な花を咲かせ
私を豊かな気分にしてくれた。
しかし、一昨年の冬、私が極寒のケアを怠ったため、
寒さに耐え切れず枯れてしまった。

リリーマルレーンの唄、哀しい唄である。
兵舎の門前のガス灯の下で明日をも知れぬ兵士と
恋人が再会を願う想いを唄っている。
第2次世界大戦の激戦地で毎晩9時57分になると
ドイツ軍放送局から流れたリリーマルレーンの唄。
塹壕の中でドイツ軍、連合国軍を問わず、
兵士達はラジオに耳を傾け、涙したと伝えられる。

今は、戦争を知らない人が多くなっている。
いつの世も、国益を声高に叫ぶ人達により犠牲になるのは、
名も無い純朴な若者達である。

赤いバラ「リリーマルレーン」の作出者コルデスは
どんな想いでこの名を付けたのだろう。
戦場で散った兵士達の赤い血に捧げたかったのだと
私は信じている。


唄はカウント1.45から始まります。